夫婦でお互いの生活を守るために遺言を書きあうケース

ご相談内容

福岡さん夫婦にはお子様が居ませんでした。
自分が亡くなった後には、必ず配偶者の生活が困らないように
財産を残したいという思いがあり、ご相談にいらっしゃいました。

ご提案&解決までの流れ

子供が居なく、既に両親が死亡している場合、
遺産の一部は兄弟が分けることが法律では決まっています。
そのため、配偶者にのみ財産を残すためには遺言を作成することが
必要であることを説明し、遺言の作成を提案しました。

結果

どちらが先に亡くなられても、心配せずに財産を残すことができるため、
安心していただくことができました。

相続に伴う生前対策の最新記事

相続に伴う遺言の最新記事

解決事例の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ