法定相続分で分けていた土地に家を建てたいため名義変更するケース

ご相談内容

福岡さんの3兄弟は、両親が亡くなったあと、
三人で4つの土地と預貯金を全て三等分に分ける方法で名義をしておりました。
今回長男の一郎さんは、住宅ローン金利が低いうちに家を建てることを決意し、
両親が残した土地に家を建てようと思いましたが、現在土地の名義が3人の名義であるという
問題がありました。

ご提案と解決まで

現在土地の名義は全て3人の共同名義でした。
共有名義では今後相続が発生したあとも手続きが複雑になっていくこと、
また、必要がない土地に関しては売却をして現金で分けたいという
意向があったため、それぞれ名義変更と売却をすることになりました。

結果

不動産会社様に売却をお願いしたところ、福岡さんたちが期待していた以上の価格で売ることができ、
無事兄弟揉めることなく売却、名義変更を行い、遺産の再分配を行うことができました。

不動産を現金に代えて遺産を分ける方法の最新記事

相続に伴う不動産売却の最新記事

解決事例の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ