法定相続人と相続分とは

誰に遺産を分けるの?

相続が発生し、被相続人が「遺言書」を作っていなかった場合、法律で決められた財産の分配ルールに従って、遺産分割をしていきます。これを『法定相続』と呼びます。

(遺言書がある場合は、遺言書の内容が優先します。)

法定相続人の順位(範囲)と割合(法定相続分)

法定相続人の順位、割合は、民法で以下のように決められています。

1 子と配偶者の場合:

子=1/2、配偶者=1/2

2 直系尊属(父母・祖父母など自分より前の世代で、直通する系統の親族のこと)と配偶者の場合:

直系尊属=1/3 配偶者=2/3

3 兄弟姉妹と配偶者の場合:

兄弟姉妹=1/4 配偶者=3/4

■配偶者は常に相続人となります。

■直系尊属は、子がいない場合の相続人となります。

■兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人となります。

相続人の調査

相続人の調査とは被相続人(亡くなった方)の出生から死亡迄の戸籍類を全て集めます。

集めた全ての戸籍の内容を確認して誰が相続人になるのかを調べる事を指します。

「戸籍を取り寄せなくても相続人が誰かなんて把握している」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、戸籍を集めて確認してみると過去に「別の人と結婚をしていた」「子供がいた」といった新たな相続人が判明する場合がございますので、戸籍類は全て集めなければいけません。

また、相続人の調査の必要性は銀行や、法務局等に遺産の名義変更を受け付ける際には戸籍の提出を求められるのですが、これは相続関係を第三者に証明する資料の確認が必要になる為、戸籍類は全て集めなければいけないのです。

相続人の調査の流れ

① 被相続人(亡くなった方)の出生した時から死亡した時迄の一連の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を取得します。

② 「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」を取得すると両親や子供、配偶者等を確認する事が出来ます。

③ 子供(代襲者)がいない場合、両親や祖父母といった直系尊属が相続人になりますので戸籍謄本、又は除籍謄本を取得します。

④ 両親や祖父母といった直系尊属の方々全員が亡くなっている場合、兄弟(姉妹)の戸籍謄本、又は除籍謄本を取得します。

相続人の調査をしてよく発生する問題として、「相続人の人数が当初の想定より多い」事や存在を始めて知る」といったケースがございます。

もし、相続人の調査が不十分だった場合、本来の相続人が後から出て来て相続権の回復を請求され、全てやり直しになる可能性が発生してしまいます。

話し合いがこじれてしまうと訴訟に繋がってしまう事も考えられます。

相続人の方は全国各地にお住まいの場合がほとんどだと思いますが、中には海外に居住している方もいらっしゃいますので戸籍の収集はそれぞれ本籍地の役所で取得する必要がございます。

ただ、相続人が海外に住んでいる場合は上記でご紹介致しました方法では出来ません。

海外には戸籍制度が無い国がほとんどですので、「在留証明書」「サイン証明書」が必要となります。

相続人・財産調査サポート

戸籍収集や相続人調査は当事務所でも承る事が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

相続人・財産調査サポートについてはこちらをご参照下さい。


相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ