贈与とは

相続をする前に、財産を親族などに贈与することで、
節税を行うことができます。

しかし、全ての人が贈与を行ったほうがよいとは限りません。
個人の状況に応じて異なりますので、専門家にご相談ください。

暦年贈与と連年贈与について

まずは、贈与の基本的な制度を把握しましょう。

暦年贈与と連年贈与についてお知りになりたい方は、暦年贈与と連年贈与とはのページをご参照下さい。

贈与の種類について

夫婦、親子のように、故人との関係によって、贈与で適用される税額は異なります。

贈与の種類についてお知りになりたい方は、こちらのページをご参照下さい。

親子間贈与について

両親から財産を受取る場合、親子間贈与の制度が適用されます。

親子間贈与ついてお知りになりたい方は、こちらのページをご参照下さい。

住宅取得の資金特例について

両親から、住宅用に資金を受取った場合住宅取得の資金特例の制度が利用できる場合があります。

住宅取得の資金特例についてお知りになりたい方は、住宅所得資金の特例とはのページをご参照下さい。

夫婦間の贈与について

夫または妻が亡くなった場合、財産は夫婦間贈与の制度が適用されます。

夫婦間の贈与についてお知りになりたい方は、夫婦間の贈与とはのページをご参照下さい。

負担付死因贈与契約について

贈与する側が贈与を送る側に、一定の条件をつけて贈与を行う場合負担付死因贈与契約といいます。

負担付死因贈与契約ついてお知りになりたい方は、負担付死人贈与契約とはのページをご参照下さい。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP