遺産分割協議とは

相続が始まると、遺言がない場合、遺産を分けるための協議を相続人の間で行います。

これを遺産分割協議といい、仮に遺産分割協議でまとまらない場合は、裁判に進むこととなります。

遺産分割協議の進め方

遺産分割どのような流れで行われるのかをお知りになりたい方は、遺産分割協議の進め方とはのページをご参照下さい。

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書の書き方についてお知りになりたい方は、遺産分割協議書の書き方とはのページをご参照下さい。

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議の注意点をお知りになりたい方は、遺産分割協議の注意点とはのページをご参照下さい。

遺産分割協議でまとまらない場合

相続人の間で、財産の分け方への意向がまとまらない場合裁判所で第三者が決定を下すことになります。

遺産分割協議でまとまらない場合をお知りになりたい方は、遺産分割の調停・審判とはのページをご参照下さい。

寄与分とは

被相続人の相続財産を維持・増加などの貢献をした相続人がいる場合には、他の相続人より多くの相続財産を取得できます。

寄与分についてお知りになりたい方は、寄与分とはのページをご参照下さい。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP