ゆうちょ銀行の相続手続き事例

ご相談の中で預貯金の相続手続きのご相談は年々増加しています。

手続きを複雑にしている理由は、金融機関での手続きは金融機関ごとに対応が異なるからです。

今回はゆうちょ銀行の事例をお伝えします。

①「相続確認書」と「貯金等相続手続請求書(払戻請求書)」の受取り

最初に、ゆうちょ銀行(郵便局)で「相続確認書」と「貯金等相続手続請求書(払戻請求書)」を受け取ります。

※「相続確認書」については、ゆうちょ銀行HPからもダウンロードが可能です。

ゆうちょ銀行のホームページはこちらでございます。

よくお客様が相関図をご自身で作成されますが、ゆうちょ銀行では指定の書式が必要です。

②必要事項の記入とゆうちょ銀行・郵便局へ提出

「相続確認書」、「貯金等相続手続請求書(払戻請求書)」に、必要事項を記入後、ゆうちょ銀行・郵便局へ提出します。

③(必要書類)

相続の申し出の際に提出された相続確認書に基づき、貯金事務センターより必要書類に印のされた「必要書類一覧表」が送付されますのでこの「必要書類一覧表」に沿って、各種書類をご準備いただきます。

その中に、貯金等相続手続請求書も同封されています。

*必要書類の中に被相続人の出生から死亡までの記載がある戸籍関係や印鑑証明書や遺産分割協議書が必要になります。

最初に申し出をした店舗に③で案内した貯金事務センターより送られてきた「必要書類一覧表」に従って必要書類を提出します。

(基本は下記の5点になります)

・貯金等相続手続請求書(払戻請求書)
・被相続人についての、結婚から死亡までの戸籍等
・相続人全員の印鑑証明書(発行後6か月以内のもの)
・代表相続人の証明書類(運転免許証・保険証等)
・通帳及びキャッシュカード

※原則、請求人(代表相続人)が提出してください。

弊社でサポートをさせて頂く場合は場合には、委任状が必要となります。
(委任状の印鑑は実印でなければならないのでご注意ください。)

⇒代理の場合、請求人と代理人の双方の本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)が必要となりますので、ご注意ください。

近年では、相続人が住所地が全国に転々としているケースでのサポート。または相続人が高齢のため郵便局に行くのが面倒というお客様等のサポートもさせて頂いております。

預貯金の相続に関してもお気軽にご相談ください。


相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ