相続した土地が未登記だった

ケース:
Aさんが相続で引き継いだお父さんから土地を調べてみると、まだ登記がされていない状態でした。
通常、相続が発生した場合には、亡くなった人(お父さん)の名義から、今から所有する人(Aさん)の名義に変更をしなければなりません。

しかし、この場合、同じように名義を手続きをすることができません。

なぜなら、その不動産がそもそも始めの登記手続きが行われていないからです。

このような場合どうすればよいでしょうか?

まずは、その土地のはじめの登記の手続きをして、その土地を国に対してどのような不動産であるのかを登録しなければなりません。

それから、新しく不動産を所有する人の名義で、誰が所有をしているのかということの手続きが必要です。

登記がされていなくても、相続の財産の一部になりますので、遺産分割の際には同様に扱われますが、手続きが少し複雑になりますので、専門家にご相談されることをおすすめします。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP