相続人に行方不明者がいる

相続人のうち兄が行方不明になっています。このとき、遺産分割はどのように行えばよいでしょうか?

行方不明の方が相続人のなかにいらっしゃるために、遺産分割が進まないというケースがよくあります。

その場合、「不在者管理人を立てる」、「失踪宣告の手続きを行う」という二つの方法が考えられます。

不在者管理人とは?

不在者管理人とは、行方不明になった方の代わりに、一時的にその人の財産を管理することです。

遺産分割の協議の場に参加することはできませんが、遺産分割を行ったあとの財産を一時的に管理し、もし行方不明のお兄さんが現れた場合、不在者管理人はその遺産を返すことになります。

失踪宣告とは?

失踪宣告は、7年以上行方不明が続く場合、その人が死亡したと法律的にみなします。

死亡したとみなすための手続きをとった後は、遺産分割協議にその方は含まれません。

失踪宣告の手続きは、裁判所へ書類の提出が求められます。

これらの手続きは、行方不明者を法律的にどのようにみなすかということでとても重要になるため、慎重に行わなければなりませんので、専門家にご相談ください。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP