相続放棄をしても受け取れる財産とは

相続財産には現金や不動産といったプラスの財産がございますが借金などのマイナスの財産もございます。

被相続人の相続財産がマイナスの財産だけである場合は相続してしまうと被相続人の代わりに借金を背負わなければいけなくなってしまいます。

このような場合は相続放棄を行う事で被相続人の借金を払う必要がなくなります。

そんな相続放棄ですが実は相続放棄を行った場合でも受け取れる財産がある事をご存知でしょうか?

相続放棄をしてしまうと全ての財産を受け継ぐ事が出来なくなると思われがちですが実は相続放棄を行った後でも受け取れる財産が存在しております。

今回は相続放棄後でも受け取れる財産についてご紹介して行きます。

① 遺族年金

遺族年金とは国民年金法、厚生年金保険法等に基づき、被保険者が亡くなった時に残された遺族対して支給される公的年金の事で、遺族年金には「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」があります。

「遺族基礎年金」…国民年金の被保険者等一定の者が亡くなった時に支給される年金で、支給要件ですが被保険者が一定の保険料納付要件を備えている事。受給出来る権利を有しているのは被相続人によって生計を維持されていた子供のいる配偶者、又は子供です。

「遺族厚生年金」…厚生年金の被保険者等一定の者が亡くなった時に支給される年金で、被保険者は国民年金の「遺族基礎年金」と同じ保険料納付要件を備えている事が支給要件です。

この遺族厚生年金ですが受給出来る者は「遺族基礎年金」より範囲が広く、被相続人によって生計を維持されていた遺族の中で高順位の者が受給出来ます。

遺族年金法律によって決められた権利なので、相続とは関係なく受け取る事が出来ます。

この為、相続放棄をしたとしても受け取る事が出来ます。

② 生命保険金

生命保険金とは被相続人が生命保険に契約し、亡くなった後保険金が支給されます。

この生命保険の「受取人」に指定されていれば相続放棄を行っても受け取る事が可能となります。

ただ、こちら「受取人」の指定が「被相続人」自身に指定していると「相続財産」に含まれてしまう為、相続放棄をしてしまうと受け取れなくなってしまいますのでご注意下さい。

③ 死亡退職金

会社員の人が亡くなった際、勤務先の会社から死亡退職金が支給される場合があります。

死亡退職金が相続財産の対象となるのかについては会社の退職金規定などの受給権者をどのように定めているのかで異なって来ます。

「受給権者が被相続人」…死亡退職金は被相続人の財産となりますので相続財産に含まれます。その為、相続放棄をすれば受け取る事が出来なくなり、受け取ってしまうと単純承認したとみなされてしまう恐れがあります。

「受給権者が相続人」…死亡退職金は受給権者固有の財産になりますので相続財産には含まれません。その為、相続放棄をしても受給権者は死亡退職金を受け取る事が可能となります。

相続放棄をして財産を受け取る際には受取人の指定がどうなっているか注意しておかなければいけません。

条件によっては財産を受け取る事が出来なくなるケースもあり、細かい条件について事前に理解をしておく必要があります。

相続放棄をしても財産が受け取れるかご不明の場合、専門家にご相談する事をおすすめします。


相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ