民事信託のポイント4~利益を受ける方はペットでも有効

自分がもし亡くなった後、愛するペットの世話を誰がしてくれるだろうかと心配になる方は多いと思います。

飼い主が不在、または認知症になった場合、ペットのお世話を第三者に託すことが契約としてできれば、安心です。

民事信託では、ペットの世話をお願いし、自分の財産を渡すことが可能です。

新しい飼い主は、ペットの世話や訓練、引き取り手を探すなど、ペットの生活に必要なことを引き受けることを条件に、財産を受け取るため、愛するペットが飼い主が亡くなった後でも、健康に暮らすことができます。

これは、遺言の「負担付遺言」といって、遺言に書き記すことで、ペットのお世話と財産を託すことも可能ですが、より信託を使うことで、ご自身の意思を尊重することができます。

負担付遺言と信託の違い

「負担付遺言」
受け渡したい額は遺留分(親族が法的に認められている相続分)を侵害しない範囲に定められる

「信託」
相続財産とは別に管理されるため、遺留分の範囲が適用されない。
(=受け渡す金額に制限がない)

したがって、「信託」を活用することで、よりペットへの想いを伝えることができます。

また、信託では、何のために財産を使ってほしいかをきちんと言付けすることができます。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP