後見

成年後見とは

成年後見は、判断力が低下してしまった場合に備えて、予め財産や生活の管理をする人を決めておく制度です。

成年後見を利用される高齢者の方は年々増加しており、2013年には34,000件を突破しております。

高齢化の進展と核家族化が進む中、今後さらに後見制度が普及されることが見込まれています。

成年後見制度と裁判所への申立て

成年後見制度を利用するためには、裁判所への申立てが必要になります。

成年後見制度についてと裁判所への申立てについてお知りになりたい方は、成年後見制度とはのページをご参照下さい。

成年後見制度の種類

成年後見制度には、後見保佐、補助の3種類が判断能力に応じて分かれます。

成年後見制度の種類についてお知りになりたい方は、成年後見制度の種類とはのページをご参照下さい。

任意後見制度について

成年後見には、判断能力に応じて適用区分が異なり、任意後見、法定後見に分かれます。

認知症の進行度合いが初期、かつご自身で後見制度を望む場合、任意後見制度が適用されます。

任意後見制度についてお知りになりたい方は、任意後見制度とはのページをご参照下さい。

後見人の選定

後見人はどのように選べばよいのかについてお知りになりたい方は、後見人はどのように選べばよいかのページをご参照下さい。


LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP