Q.相続が発生した時に相続人になるのは誰なの?

質問

よく相続人や被相続人という言葉を目にするのですがどういうものなのでしょうか?

回答

A.亡くなった人のことを「被相続人」、財産等を相続する人の事を「相続人」と呼びます。
 
「被相続人」の関係者として、配偶者、親、兄弟姉妹、子等が考えられますが、このうち配偶者については常に「相続人」になります。

つまり、妻が亡くなれば夫は常に「相続人」という事になります。
 
つぎに親族について考えていきます。親族について、相続できる順番が法律上定められています。
①子供、②親、③兄弟姉妹の順に「相続人」となります。


 
「被相続人」に親、兄弟姉妹、子供のいずれもがいる事もあります。
しかしながら、この場合、全員が必ずしも「相続人」になるわけではありません。
 
「相続人」となる順位は法律で定められており、
上の順位の者がいる場合には、その者のみが「相続人」となります。

第一順位とされているのは上でご紹介しました「子供」です。
この「子供」ですが実子だけでなく「養子」も含みます。
 
父親や母親が亡くなる前にその子供が亡くなってしまった場合、その子供に子供、「孫」がいればその「孫」「相続人」となり、親や兄弟姉妹は「相続人」になりません。
 
では、第二順位をご紹介致します。

第二順位とされているのは「直系尊属」です。

「直系尊属」とは祖父母や父母等のように血縁関係が縦に繋がっている者を言います。

養親は含まれますが配偶者の父母は含まれません。

「直系尊属」の中では親等の近い者が優先されます。

父母のいずれかが存命であれば、祖父母は「相続人」となりません。

両親共に亡くなっているが、祖父母のいずれかが健在である場合はその祖父母と妻が相続人となり、兄弟姉妹は「相続人」になりません。
 
続いて第三順位をご紹介致します。
第三順位は兄弟姉妹で先順位者である子、直系尊属共に在しない場合に初めて「相続人」となります。
 
兄弟姉妹には、父母の一方のみが同じ者も含まれます。
 
先順位者がいない場合とはそもそもが存在しない場合や亡くなっている場合だけではなく、相続放棄がなされた場合等も含みます。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 大人の終活TV