Q.父の遺品整理をしていたら自筆で書かれた遺言書が出てきたのですが開封しても大丈夫なのでしょうか?

【質問】

父の遺品整理をしていたら自筆で書かれた遺言書が出てきたのですが開封しても大丈夫なのでしょうか?

【回答】

自筆で書かれた遺言書を発見した際には、絶対に開封をしてはいけません。

仮に相続人が開封をしたり、相続人が全て揃っていたとしても遺言書は開封してはいけません。

遺言書の中身を出して確認するのは法律によって禁止されており、もし勝手に開封をしてしまうと5万円以下の過料が科せられる事になってしまいます。

遺言書の開封は必ず家庭裁判所に持って行き、相続人や代理人の立会で開封しなければなりません。

【解説】

ご質問者様にように亡くなられた方の遺品整理をしていた時、あるいは掃除をしていたら本の間から遺言書が出てきた等、思いがけない場所から遺言書が出てくる事があります。

その際に、遺言書を開封してしまうと法律違反により罰則を受けてしまいます。

遺言書を開封する場合、民法第千四条「遺言書の検認」をしなければいけません。

遺言書の検認(民法第千四条)

1.遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。

2. 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。

3. 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

簡単にご説明すると遺言書に書かれている内容が遺言の形式にあっているものか確認する為と、偽造・変造されたりしないように、家庭裁判所が証明してくれる手続きです。

この、検認手続きを行う家庭裁判所ですが、亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てます。

ここで注意しなければいけない事がありまして、それは遺言書の検認をした際に遺言書の形式が間違っていた事が判明した場合、その遺言書の効力は無効となってしまう点です。

遺言書の検認はあくまで「証拠保全・偽造・変造防止」が目的なので、遺言書の形式が間違っていた場合に遺言書の効力を有する事は出来ないのです。

遺言書の検認について知りたい方は「遺言書の検認とは」のページに記載しておりますのでご参照ください。

遺言書を見つけたらどの種類の遺言書か確認

遺言書にはそれぞれ「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つの種類がありまして、検認が必要なのは「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」、検認が不要なのは「公正証書遺言」です。

遺言書の種類については「遺言の種類とは」のページに記載しておりますのでご参照ください。

「公正証書遺言」は公証人の立会いの下で作成された遺言書で、原本を公証役場に保管される為、発見した遺言書を仮に偽造・改ざんをしたとしても原本と照らし合わせればすぐに分かる為、検認の目的である「証拠保全・偽造・変造防止」をする必要が無い為、検認手続きは不要となっております。

一方の「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」の場合は公証役場に保管されません。

こちらの場合、遺言書の検認の手続きをしなければいけません。

ご相談者様は自筆で書かれた遺言書を発見したとの事でしたので遺言書の検認を行わなければいけないという事になります。

遺産分割後に遺言書が見つかった場合

ご質問者様は遺産分割をする前に遺言書を見つけたので、その遺言書の記載通りに遺産分割を進められました。

では、遺産分割をした後に遺言書が見つかった場合はどうなるかですが、原則として遺言書の方が優先されます。

遺言書は被相続人の最後の意思表示であり、遺言書の形式が正しく作成されていれば法的な効力が発生するからです。

ただ、遺産分割協議は相続人全員が納得して遺産分割を行っている為、遺言書よりも遺産分割を優先する事も出来ます。

遺産分割協議の内容より遺言書の内容が優先されるケース

遺産分割協議の内容よりも遺言書の内容が優先されるケースがあります。

・遺言執行者が選任されている

・相続人以外の第三者への遺贈

・婚姻外の子供の認知

遺言書を見つけた際には開封はせず、家庭裁判所に連絡を入れて遺言書の検認手続を行いましょう。

手続が開始されるまでの遺言書は金庫等で大切に保管しましょう。

見つけた遺言書に「公正証書」と明記されている場合は公正証書遺言書になりますから検認の必要はありませんので、その場で開封する事が出来ます。

遺言書の検認についてご不明等がございましたら専門家に相談する事をおすすめ致します。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP