Q.相続放棄をする上での注意点を教えていただけないでしょうか?

質問

相続放棄に関してご質問があります。
相続放棄をする上での注意点を教えていただけないでしょうか?

回答

親や兄弟姉妹が借金を残して亡くなるケースは珍しくありません。
借金は負の遺産として法定相続人に継がれます。

そのような負の遺産の相続を放棄する事を「相続放棄」です。

相続放棄を行えば故人の借金を支払う必要はありませんが相続放棄をすれば全てが解決という訳にはいきません。

ここで注意点をご紹介する前に相続放棄のメリットとデメリットをご紹介致します。

相続放棄のメリット

被相続人の負の遺産を受け継がずに済む

相続放棄の最大のメリットは負の遺産を受け継がずに済む事です。

被相続人が浪費家で借金を重ねていた場合、その金額はかなりの額になっている場合がございます。

また、長年連絡をとっていなかった親や兄弟姉妹が知らない所で亡くなっていた場合、突然「借金を相続して下さい」と債権者から連絡が入る事もございます。

このような時、相続放棄で権利を放棄すると財産を受け取れなくなりますが被相続人の債務を代わりに支払う必要も無くなります。

他の相続人とのトラブルを未然に防げる

遺産分割の内容を巡って相続人同士とトラブルになるケースも珍しくありません。

遺産分割の内容に納得がいかず相続人同士の間に深い溝が生じてしまい、今まで仲が良かったのに仲違いをしてしまい、嫌な思いをして精神的な苦痛を感じる、というような相続人同士の衝突等を相続放棄をすれば未然に防ぐ事が出来ます。

相続放棄のデメリット

正の財産も得られなくなる

相続放棄をすると全ての財産を受け継げなくなります。

負の遺産によるリスクを回避出来る一方で正の財産も得られなくなってしまいます。

もし、負債(借金、債務)>資産であればよいのですが、負債(借金、債務)<資産の場合では損をしてしまいます。

相続放棄の撤回は出来ない

相続放棄が認められた後はどのような理由だろうと相続放棄を撤回する事は出来ません。

これは民法で定められており、相続放棄する前は気付かなかった高価な財産や正の遺産がある事を相続放棄をした後に気付いて、「相続したい」と言っても残念ながら認められません。

相続放棄の注意点

相続放棄のメリットとデメリットをご紹介致しましたがここから相続放棄を行う際の注意点をご紹介致します。

遺産を把握する

相続放棄をする前にまずは被相続人の遺産を把握しましょう。

預金、現金、土地家屋、有価証券、インターネットバンキング等の価値をしっかりと計算しましょう。

計算の結果、負債(借金、債務)>資産の場合なら相続放棄をした方がいいでしょう。

相続放棄により権利が移る場合がある

法定相続人は被相続人の配偶者、子供、親、兄弟姉妹等です。

相続放棄を行うと、残った借金は相続順位が低い人へ受け継がれる事となり、次の順位の相続人が財産を受け継ぐことになります。

ここで被相続人に子供がおり、配偶者だけが相続放棄を行うと子供に借金の支払いの義務が生まれます。

なるべく円満な相続にするためにも、相続放棄を行う際には、他の相続人にもその旨を知らせるなどの配慮をすることが求められます。

なお、相続放棄の手続きは「故人の死から3ヵ月後まで」が原則です。

そして、故人の死を知らなかった場合は知ってから3ヵ月以内に手続きをすれば大丈夫なので慌てずに手続きをして下さい。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ