Q.廃屋同然の家を相続放棄した場合の問題点

【質問】

遠方の実家に住む父が亡くなり、廃屋同然の家が遺産ですが維持管理が出来ず、また売却も見込めない為、相続放棄を検討しているのですが専門家の意見をお伺いしたいです。

【回答】

ご相談者様のご質問は今、日本全国で深刻な問題となっております「空き家」に関するご相談内容でした。

ご相談者様には不動産の相続放棄を行う際の問題点をご説明致しました。

廃屋同然の家を相続放棄した場合の問題

相続放棄さえすれば、負の遺産のその後は一切の責任は無いと思われる方がいらっしゃいますが実はそうではありません。

相続放棄をしたから被相続人の相続財産から発生する問題につきまして完全に責任を免れるわけではない理由ですが、これは民法940条にこのような規定があります。

「相続の放棄した者は、その放棄によって相続人となったものが相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもってその財産の管理を継続しなければならない」と定められています。

「相続財産の管理を始めることができるまで」と条文に規定されておりますがこれは相続放棄をした(元)相続人は財産管理人が選任されるまでは、ご自身の財産におけるのと同じ注意義務を負うものと考えられます。

この事から相続放棄をしたからといって相続放棄後の一切の責任は無いと責任を免れるわけではありません。

相続財産に不動産がある場合の問題

相続財産に不動産がある際に相続放棄をする場合、上記でご紹介した民法が問題になるのですが、では何が問題になるかですがそれは「マンションやアパート等、管理せず放置しておいた際、老朽化が進み水漏れや倒壊などの何らかの事故や被害が発生してしまった際に近隣に損害を与えた場合に管理責任を問われて損害賠償請求を受ける」可能性があります。

この問題、相続財産が預金等でしたら放置し続けても特に大きな問題に生じる事はないのですが相続財産が不動産の場合だと、相続放棄をしても上記のような建物による事故が起きる場合がありますので相続放棄をしたからといって安心は出来ないのです。

ご相談者様の遺産である家が廃屋同然と仰っておりましたので、この問題点をご説明致しました。

相続財産管理人を選任すれば解決?

では、ご相談者様のような相続財産が不動産の場合で老朽化が進んだ建物の相続放棄はどうすればいいかですが、弊社ではご相談者様に相続する事を提案致しました。

不動産を相続放棄する場合、相続財産管理人を選任する方法もございますがこちらは多額の費用が発生してしまいます。

相続財産管理人は業務で財産管理をしますので報酬が発生しますが、この場合相続放棄を行ったのに、相続財産管理人に報酬を支払い続けてしまい結果、普通に相続して維持費を支払うよりも高くなってしまいます。

相続してしまえば相続財産の処分は自由に行う事が出来ますので相続した方がいい場合もございますし、相続放棄をした方がいい場合もございます。

相続放棄は専門性を有する分野でございます。

弊社は相続・遺言に関する専門家が多数在籍しておりますが、弊社が運営しております相続放棄ドットコムには相続放棄を専門・特化した司法書士・行政書士がおりますので相続放棄をご検討中の方は是非、相続放棄ドットコムまでお問い合わせ下さい。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 大人の終活TV