Q.両親が離婚や再婚をしている場合の遺産相続はあるのでしょうか?

【質問】

両親が離婚や再婚をしている場合の遺産相続はあるのでしょうか?

【回答】

両親が離婚し、その後父、又は母親と共に暮らしていて別れた親とは縁遠くなっていた所にある日突然、別れていた親(父親、母親)が亡くなったとの連絡を受けるケースのご相談があります。

このような場合の遺産相続についてどのように考えるか下の図でご紹介して行きます。

・ A,Bの子供であるCは両親が離婚し、BがCの親権者。
・ Aは離婚後Dと再婚してFの子供を設ける。
・ Bは離婚後Eと再婚をしてGの子供を授かる。
・ その後、Aが亡くなった。

この場合、AとBが離婚をしたとしてもCにとってはAとの間の相続権が変わる事はありません。

そして、Aと再婚したDの相続分は1/2、再婚後の子供Fと前妻の子供のCにはそれぞれ1/4の相続分となります。

再婚相手と養子縁組をした場合

次に再婚相手との間で養子縁組をした場合についてご紹介して行きます。

再婚した場合に連れ子を新たな夫との間で養子縁組をする場合もございますが、上記の例のBの再婚相手のEがCと養子縁組をする場合、生みの親でもありますAとの親子関係が無くなる訳ではありませんのでCはAの相続権を有する事になります。

そして、Eは養親であるC との間でも相続分を有する事になります。

相続分ですが、養親の実の子供Gと同じになりますので、Eが亡くなった場合の相続分は再婚相手であるBが1/2、再婚後の子供Gと養子のCがそれぞれ1/4ずつの相続分になります。

子供が未成年の場合

Aが亡くなった際に遺言が無い場合、妻であるDと再婚後の子供のF,前妻の子供のCとAの遺産に関して遺産分割協議をする必要があります。

この場合、前妻の子供のCと再婚相手の妻であるDとの関係が無い場合が多い為、円満に遺産分割協議を行うのが難しいケースがあるのですが、もし、Cが未成年だった場合は離婚したBが親権者としてCの代わりに遺産分割協議に加わらなければいけない為、より遺産分割協議の成立が困難になる場合がございます。

そのような事態に陥らない為にも生前対策として遺言を作成しトラブルを未然に防ぎましょう。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ