Q.私は自筆証書遺言を作成しましたが、私が死んだ時に必ずこの効力を発生させるにはどのように保管したらよいのでしょうか。

遺言書の保管にあたっての留意点

質問

Q.私は自筆証書遺言を作成しましたが、私が死んだ時に必ずこの効力を発生させるにはどのように保管したらよいのでしょうか。

回答

A.

●遺言書の保管で気をつけること

遺言書の効力は、遺言を書いた人(遺言者)が亡くなったときに発生します。

したがって、遺言書の保管にあたっては、生前は人目に触れないように保管する一方、死後は確実に、速やかに発見されるようにする必要があります。

遺言の保管方法

自筆証書遺言は、誰にも知られずに作成することが出来ます。

このことは自筆証書遺言の利点ですが、死後には、これを早く確実に見つけてもらわなければ作成した意味がなくなってしまいます。

このためにはどうしたらよいのでしょうか。

遺言書を作ったこと自体を誰にも告げないでおくとすれば、自分の死後、周りのものが必ず見る、と考えられる場所に保管するということになります。

自宅の金庫、机の引き出し、仏壇の物入れなどがよく用いられています。

銀行の貸金庫も良く使われますが、貸金庫の開扉は相続人だけで行われますので、遺言の内容(相続人以外への遺贈を主な内容とするような場合)によっては、不都合が生ずることもあります。

確実に遺言書の内容を遺産分割で実現させるには、遺言書を作成したことと、その保管場所を誰かに話し、(共同)相続人や受遺者等の関係者に知らしめるよう頼んでおくことが良いでしょう。

その方に遺言書を預けることも考えられます。

相続が開始すると、さまざまな利害関係が噴出し、さらにいろいろな法的問題が発生することもありますので、法律の専門家に相談や保管の依頼を頼んでみるのもいいでしょう。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ