福岡で相続なら福岡相続遺言の相談窓口へ

福岡・大阪・東京の3エリア対応 相続遺言の相談窓口

ご相談は初回無料!お気軽にご相談ください 0120-48-1120 受付時間9:00~20:00(土日祝日の相談は要予約)

  • HOME
  • 相談から解決の流れ
  • 会社概要
  • 料金
  • 当社が選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • アクセス

遺産相続の対象となるもの


質問


Q.相続財産になるものならないもの、その線引きとは?
 

回答


現金、預貯金だけが相続財産とは限りません。

マイホーム、株券や国債といった有価証券、ゴルフ会員権やリゾート会員権、自動車、貴金属、書画骨董なども相続財産に含まれます。借地権や、田、畑、山林、立木。著作権や特許権も相続財産に該当します。

生命保険金や死亡退職金も、基本的に相続財産です。

一般に相続財産とは、被相続人から引き継いだもののうち、金銭に換算できるもののことを言います。

相続税の課税対象になるのは、こうした金銭評価のできる財産だと言っていいでしょう。

屋号や名称など、その家にとっては大切なものであってもお金に換算できないものは相続財産に計上されることはありません。

また、被相続人が生前に購入した墓地や墓石、仏壇仏具なども相続財産には含まれません。

ただし、骨董的価値が高く高額な美術工芸品などの場合は、仏壇のまわりに置いてあるからといって、相続財産に含まれないとは断言できません。

相続の開始にあたってはこうした相続財産の把握が欠かせません。

したがって、預貯金や株券など、種類別に相続財産のリストを作成するのがいいでしょう。

ちなみに、香典や弔慰金は、社会的礼儀として喪主や遺族に対して贈られるものであり、相続財産には含まれません。

 


Img6.jpg


当事務所に関する詳しい情報はこちら


rumi.png HOME>> 当社のご案内>>
当社が選ばれる理由>> 料金表>>
ご相談から解決まで>> アクセス>>


ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!


相続・遺言の相談は、相続遺言の相談窓口までご相談ください。

皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

初回無料相談受付中 0120-48-1120 9:00~20:00(土日祝日の相談は要予約)事務所案内.jpg料金表.jpgご相談の流れ.jpgご相談例.jpg質問.png事務所.png民事信託家族信託はオフィスワングループ.pngIU Taxconsulting Firm.png菰田総合法律事務所.jpg

アクセス

福岡オフィス



福岡市博多区博多駅前1-1-1
博多新三井ビルディング8階

 

東京オフィス




東京都中央区京橋1-17-2
昭美京橋ビル4階

 

大阪オフィス




大阪府大阪市阿倍野区旭町1-2-7
あべのメディックスビル2階