福岡で相続なら福岡相続遺言の相談窓口へ

福岡・大阪・東京の3エリア対応 相続遺言の相談窓口

ご相談は初回無料!お気軽にご相談ください 0120-48-1120 受付時間9:00~20:00(土日祝日の相談は要予約)

  • HOME
  • 相談から解決の流れ
  • 会社概要
  • 料金
  • 当社が選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • HOME
  • よくあるご質問
  • Q.遺言を作りたいと思うのですが、遺言の内容は誰にも知られないようにしたいのです。このような場合はどうすればよいのでしょうか?

内容を誰にも知られないで遺言をつくる方法(秘密証書遺言)


質問


Q.遺言を作りたいと思うのですが、遺言の内容は誰にも知られないようにしたいのです。このような場合はどうすればよいのでしょうか?

~内容を誰にも知られないで遺言をつくる方法(秘密証書遺言)
 

回答 


●遺言の方式と秘密


民法が認めている普通方式の遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言と秘密証書遺言の三種類があります。自筆証書遺言は全文、日付および氏名を自書して押印するものであることから遺言の内容はもとより、遺言をつくったこと自体も秘密にすることができます。

公正証書遺言は、公証人が遺言者の口述を筆記して、これを遺言者および二人以上の証人に読み聞かせて筆記が正確なことを確認して作成するものであることから、二人以上の証人などに遺言の内容を知られてしまします。

秘密証書遺言は、封印した遺言を公証人と証人二人以上の前に提出して、自己の遺言であることを公証してもらうものですので、遺言の存在を秘密にすることは出来ませんが、遺言の内容を秘密にすることができます。

このように遺言の内容を秘密にする遺言の方式としては、自筆証書遺言と秘密証書遺言の二つありますが、両者の大きな違いは、遺言の存在を公証してもらって、遺言者の遺言であるかどうかの争いを避けるようにするため、秘密証書遺言の作成のほうが、望ましいと思われます。

 

秘密証書遺言の作成


秘密証書遺言は、遺言者が、その証書に署名・押印してその証書を封じて証書に用いた印章で封印をし、公証人および証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言である旨ならびにその筆者の氏名および住所を申述し、公証人がその証書を提出した日付および遺言者の申述を風刺に記載した後、遺言者および証人とともにこれに署名・押印して作成します。

加除その他変更の方式は、自筆証書権野方式と同じですが、遺言の全文・日付を自書する必要はありません。

自筆証書遺言と違い、ワープロで遺言の内容を書いても有効です。

ただし、署名は必ず自署してください。また録音テープやビデオテープを入れて封印をして公証人に出しても秘密証書とはなりません。

口がきけない遺言者は、公証人および証人の前でその証書が自己の遺言である旨並びにその筆者の氏名および住所を封筒に自書して申述に代え、公証人がこの方式を踏んだ旨を封紙に記載して、申述の記載に代えることで秘密証書遺言を作成することができます。

なお、公正証書遺言とは異なり、この遺言書を作成しても、公証人はこれを保管しません。自分で保管する必要があります。
 


Img6.jpg


当事務所に関する詳しい情報はこちら


rumi.png HOME>> 当社のご案内>>
当社が選ばれる理由>> 料金表>>
ご相談から解決まで>> アクセス>>


ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!


相続・遺言の相談は、相続遺言の相談窓口までご相談ください。

皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

初回無料相談受付中 0120-48-1120 9:00~20:00(土日祝日の相談は要予約)事務所案内.jpg料金表.jpgご相談の流れ.jpgご相談例.jpg質問.png事務所.png民事信託家族信託はオフィスワングループ.pngIU Taxconsulting Firm.png菰田総合法律事務所.jpg

アクセス

福岡オフィス



福岡市博多区博多駅前1-1-1
博多新三井ビルディング8階

 

東京オフィス




東京都中央区京橋1-17-2
昭美京橋ビル4階

 

大阪オフィス




大阪府大阪市阿倍野区旭町1-2-7
あべのメディックスビル2階