相続手続きの期限はありますか?

 被相続人が亡くなると、相続が発生します。その場合には相続の手続きを行うことが必要となります。相続手続きには期限が設けられており、期限内に相続手続きを終えなければなりません。
 被相続人が亡くなった際には、まず遺産の確認を行います。そして、資産を超える負債がある場合には相続放棄や限定承認をすることで債務の相続を免れることができます。
相続放棄や限定承認の手続を行うには期限が定められており、相続方法の選択は相続の開始を知った日から3か月以内に行う必要があります。
速やかに、遺産の内容を調査し、それをもとに単純承認、限定承認、相続放棄の中から相続の方法を選択します。
 そして、遺産の内容を確認する調査と同時に、相続人を確定するための調査を行います。
遺産分割協議を行った後に相続人が新たにでてきた場合には協議を最初から行わなくてはなりません。
遺産分割協議に向けて必要な書類などを用意します。
 また、年の中途で死亡した人については、相続開始後4か月以内に所得税の確定申告を行う準確定申告が義務付けられています。相続財産が基礎控除の金額を超えている時などは税金の申告が必要となります。税金申告は被相続人の死亡を知った日の翌日から10か月以内に行われることとされています。

期限内に行うことに注意して、手続きを開始しましょう。

当事務所では、博多駅、新橋(東京)の2つのオフィスを構えております。
皆様のお越しいただきやすい場所で、初回無料のご相談を行っておりますので、
是非お気軽にお電話下さい。

相続遺言ブログの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ