看病をしてくれている隣人に遺産を残したい

ご相談内容

福岡さんは5年前に旦那様を亡くされ、長男の一郎さんと同居をしていましたが、
一郎さんにギャンブルを行う癖があり、何度もお金を貸しては返ってこないということで
お悩みでした。
また、自分の介護の面倒を看てもらうことができず、近くに住んでいた田中さんが
病院までの送り迎えや看病をいつも行ってくれていました。

そこで、自分が亡くなった後には田中さんに遺産を渡したいという想いがあり、
遺言の相談にいらっしゃいました。

ご提案&解決までの流れ

田中さんには相続権が通常はありませんでしたので、
遺言を書くことで財産をお渡しできることを説明しました。
また、適切に遺言を実行されることができる、公正証書遺言の作成と
遺言執行をお受けしました。

結果

福岡さんは安心をして、田中さんにこれまでの恩を返すことができることを
喜んでいただき、遺言を作成することができました。

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP