介護施設入居のために入居資金が必要になったご相談

ご相談内容

博多市にお住まいの澄江さんは、5年前に夫を亡くし、現在一人暮らしをされています。
娘の奈津子さんは結婚後大阪で暮らしており、澄江さんの面倒をみることが難しい状況です。
最近澄江さんの体調が悪くなっていることから、遺言を書きたいというご希望でご相談にいらっしゃいました。

司法書士の提案&お手伝い

お話を伺っているうちに、自分が老いていくことに対する不安から、本当は老人ホームに入居することを希望されているということが分かりました。
自宅を財産として娘さんに渡す場合、固定資産税や登録免許税などの費用がかかってしまうことやメンテナンスが必要であることをお伝えしました。
また、介護施設の入居費用が心配であるとういことでしたので、自宅を売却して入居資金を作ることも提案いたしました。
澄江さんは、とても安心されたようで、遺言の作成と老人ホーム入居に向けたご準備を始められました。

結果

査定を行ったところ、老人ホームへの入居資金以上の金額であることがわかったため、残りの財産を自分の医療費や葬儀代金に引き当てたあと、残りを娘の奈津子さんに受け継ぐ旨の遺言を作成することができました。

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP