相続に伴う生前対策

遺言信託を活用した事例

遺言信託とは? 遺言によって遺言者の財産のうち全部または一部を受託者(B)に信託し、遺言者の死亡後に受託者が受益者(C)の為に財産を管理する方法です。 事例 ご相談内容 Aさんは4歳になるお子様(Cさん)と二人暮らしでした。Aさんは自分にもしもの事があった場合、Cさんの金銭管理は誰がするのか心配との事でした。Aさんにはご両親がいますが、ご両親は以前から金銭面でトラブルが多く、Aさんの弟
続きを読む >>

自分が亡くなった後は、後妻に、後妻が亡くなった後は、実子に財産を遺したい

遺言の相談を受ける中で、どうしても遺言だと実現できない財産の承継があります・・ 例えば、自分が亡くなった後は、後妻に財産を全て譲りたい。しかし、後妻が亡くなった後は、自分の子供に財産を遺したいというケースである。 遺言で、財産の全てを後妻に遺すという遺言を遺すことは勿論可能である。 しかし、自分が亡くなった時点で、財産は妻の財産に相続される。 妻の財産である以上、後妻が亡くなったら、
続きを読む >>

家族信託と融資を活用した事例

最近の相談事例で民事信託や家族信託に関する相談が増加しています。 相談内容:家族信託を活用した融資の事例 ①Aさんは相続税対策のために、マンションの建設予定がある。 しかし、事業計画の途中で認知症になっては計画が頓挫してしまう恐れがあるので、 家族信託を活用したいと考えている。 ②家族信託を活用した際、金融機関に融資を断られるのではないかと危惧している。 ポイント: ①家
続きを読む >>

面倒を見てくれる次男に全財産を譲りたい

【状況】 数年前に夫が亡くなり、最近体調を崩し入退院を続けてます。 夫が亡くなる前は4人家族で小さい時から次男が親孝行をしてくれており、夫が亡くなった時も次男が手続き等を行ってくれたのに対して長男は逆に協力的ではなく、現在は疎遠になっている。 次男は病院へ付き添ってくれたり世話をよくしてくれるため、私が亡くなった後は全財産を次男に譲りたいのですが、どうしたらいいでしょうか? という相
続きを読む >>

家族に面倒をかけることなく遺産を残したい

ご相談内容 福岡さんには、福岡県内の土地、建物と預貯金があり、 お子様3名は県外にお住まいでした。 自分が今後介護が必要になってくることも心配であり、 できるうちに遺産の分け方や葬儀の手配も自分で決めておきたいと ご相談がありました。 ご提案&解決までの流れ 相続発生後の手続きでは、不動産や預貯金の名義変更をすることになりますが、 財産の所在がわからないため手続きに手間が
続きを読む >>

看病をしてくれている隣人に遺産を残したい

ご相談内容 福岡さんは5年前に旦那様を亡くされ、長男の一郎さんと同居をしていましたが、 一郎さんにギャンブルを行う癖があり、何度もお金を貸しては返ってこないということで お悩みでした。 また、自分の介護の面倒を看てもらうことができず、近くに住んでいた田中さんが 病院までの送り迎えや看病をいつも行ってくれていました。 そこで、自分が亡くなった後には田中さんに遺産を渡したいという想
続きを読む >>

夫婦でお互いの生活を守るために遺言を書きあうケース

ご相談内容 福岡さん夫婦にはお子様が居ませんでした。 自分が亡くなった後には、必ず配偶者の生活が困らないように 財産を残したいという思いがあり、ご相談にいらっしゃいました。 ご提案&解決までの流れ 子供が居なく、既に両親が死亡している場合、 遺産の一部は兄弟が分けることが法律では決まっています。 そのため、配偶者にのみ財産を残すためには遺言を作成することが 必要であること
続きを読む >>

介護施設入居のために入居資金が必要になったご相談

ご相談内容 博多市にお住まいの澄江さんは、5年前に夫を亡くし、現在一人暮らしをされています。 娘の奈津子さんは結婚後大阪で暮らしており、澄江さんの面倒をみることが難しい状況です。 最近澄江さんの体調が悪くなっていることから、遺言を書きたいというご希望でご相談にいらっしゃいました。 司法書士の提案&お手伝い お話を伺っているうちに、自分が老いていくことに対する不安から、本当は老人ホ
続きを読む >>

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ