解決事例

外国籍の方の相続放棄申立

【状況】 先月亡くなったお母様の相続放棄をしたいという息子さんからのご相談です。 母に多額の借金があるらしいので相続放棄をしたいが、外国籍の場合、どこで相続放棄をしたらいいのかわからないというご相談です。 【ご提案&お手伝い】 被相続人の最後の住所は日本にあり、相続債務が日本にあるというような場合、日本の家庭裁判所は管轄権を有するとして受理しています。 注意点として、相続放棄の効果は日本
続きを読む >>

被相続人が亡くなって3ヶ月過ぎた相続放棄

【状況】 亡くなったお父様の相続放棄をしたいという娘さんからのご相談です。 ご両親はお父様の借金が原因で離婚しており、お父様とは20年くらい音信不通だそうです。 先日、法事でお父様の親戚に会ったときに、お父様が1年前に亡くなったことを聞いたそうです。このような場合でも相続放棄はできますか?という相談です。 【ご提案&お手伝い】 自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月
続きを読む >>

借金をしていた兄の相続を放棄したい

ご相談内容 福岡さんのお兄様は、事業を行っていた関係で、借金の保証人になっていることを弟の次郎さんは生前に聞いていました。 兄一郎さんが亡くなった後、借金を相続することが心配であるということから、ご相談にいらっしゃいました。 ご提案&解決までの流れ 相続放棄をすると、借金以外の全ての財産も相続できなくなります。 次郎さんは、現在の生活に問題ないため遺産は要らないが、借金を背負うことだけ
続きを読む >>

借金の督促状が届いたケース

ご相談内容 福岡さんの次男次郎さんから、2年前に亡くなった長男一郎さんの借金の督促状が 来たため、ご相談にいらっしゃいました。 一郎さんが亡くなった後、残された大きな財産はなかったため、特に遺産を受け継ぐことはありませんでしたが、一郎さんが亡くなってから既に2年経っており、別の弁護士事務所に相談したところ、相続放棄はできないと言われたため、相続放棄はできるのかを心配されていました。 ご提
続きを読む >>

面倒を見てくれる次男に全財産を譲りたい

【状況】 数年前に夫が亡くなり、最近体調を崩し入退院を続けてます。 夫が亡くなる前は4人家族で小さい時から次男が親孝行をしてくれており、夫が亡くなった時も次男が手続き等を行ってくれたのに対して長男は逆に協力的ではなく、現在は疎遠になっている。 次男は病院へ付き添ってくれたり世話をよくしてくれるため、私が亡くなった後は全財産を次男に譲りたいのですが、どうしたらいいでしょうか? という相
続きを読む >>

相続人がいない場合の財産処分のお悩み相談

【相談内容】 Aさんには、相続人がおらず自分が亡くなったあとの自宅や預金などの財産をどうするのかを悩んでおり、相談にいらっしゃいました。 【ご提案 結果】 自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内であれば,家庭裁判所に相続放棄の申立をすることができ、それが受理されると、親の借金を支払う必要がなくなります。 今回のケースでは、法事でお父様が亡くなった事を知ったので、その日
続きを読む >>

家族に面倒をかけることなく遺産を残したい

ご相談内容 福岡さんには、福岡県内の土地、建物と預貯金があり、 お子様3名は県外にお住まいでした。 自分が今後介護が必要になってくることも心配であり、 できるうちに遺産の分け方や葬儀の手配も自分で決めておきたいと ご相談がありました。 ご提案&解決までの流れ 相続発生後の手続きでは、不動産や預貯金の名義変更をすることになりますが、 財産の所在がわからないため手続きに手間が
続きを読む >>

看病をしてくれている隣人に遺産を残したい

ご相談内容 福岡さんは5年前に旦那様を亡くされ、長男の一郎さんと同居をしていましたが、 一郎さんにギャンブルを行う癖があり、何度もお金を貸しては返ってこないということで お悩みでした。 また、自分の介護の面倒を看てもらうことができず、近くに住んでいた田中さんが 病院までの送り迎えや看病をいつも行ってくれていました。 そこで、自分が亡くなった後には田中さんに遺産を渡したいという想
続きを読む >>

夫婦でお互いの生活を守るために遺言を書きあうケース

ご相談内容 福岡さん夫婦にはお子様が居ませんでした。 自分が亡くなった後には、必ず配偶者の生活が困らないように 財産を残したいという思いがあり、ご相談にいらっしゃいました。 ご提案&解決までの流れ 子供が居なく、既に両親が死亡している場合、 遺産の一部は兄弟が分けることが法律では決まっています。 そのため、配偶者にのみ財産を残すためには遺言を作成することが 必要であること
続きを読む >>

法定相続分で分けていた土地に家を建てたいため名義変更するケース

ご相談内容 福岡さんの3兄弟は、両親が亡くなったあと、 三人で4つの土地と預貯金を全て三等分に分ける方法で名義をしておりました。 今回長男の一郎さんは、住宅ローン金利が低いうちに家を建てることを決意し、 両親が残した土地に家を建てようと思いましたが、現在土地の名義が3人の名義であるという 問題がありました。 ご提案と解決まで 現在土地の名義は全て3人の共同名義でした。 共
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ