よくあるご相談・ご質問

Q.遺言がある場合、遺産分割協議は必要でしょうか?また、遺言と異なる分配は可能でしょうか?

遺言がある場合にも遺産分割協議が必要? 質問 父は自筆証書の遺言を残して昨年死亡しました。 ① 遺言書には「遺産の二分の一は長男がとり、残る二分の一は三人の姉妹で仲良く分け合ってほしい」とだけ書いてありました。 このような場合、遺産分割協議は必要でしょうか。 ② また、遺言の指示とは異なり、長男も法定相続分の四分の一でよいとする協議も可能ですか。 回答 A.●遺言と法定相続分 遺言
続きを読む >>

Q.遺言がある場合にも遺産分割協議が必要?

遺言がある場合の相続手続き 質問 Q.父は五年前に死亡し、一緒に住んでいた母も先月死亡しました。 相続人として私以外に兄二人がいます。 母は生前、今住んでいる家と土地を全部私に「相続させる」旨の公正証書遺言を作成してくれました。 そこで家と土地の名義を私名義にしたいのですが、兄二人の実印が必要でしょうか。 私だけで名義を変えられるでしょうか。 回答 A.特定の不動産を「相続させる」
続きを読む >>

Q.遺言書をつくりたいのですが、病気のため手が震えて字がかけません。そこで、遺言の内容を私が読み上げ、それをテープレコーダーで録音するのが、ビデオにとって、子供たちに言い残しておきたいと思って

録音テープ・ビデオによる遺言は有効か 質問 Q.遺言書をつくりたいのですが、病気のため手が震えて字がかけません。 そこで、遺言の内容を私が読み上げ、それをテープレコーダーで録音するのが、ビデオにとって、子供たちに言い残しておきたいと思っております。 このやり方でも遺言となるのでしょうか。 回答 A.テープレコーダーでの録音、ビデオでの撮影による方法では、法律上遺言としての効力は認められ
続きを読む >>

Q.遺言を作ろうと思い知人に相談したところ、「自筆証書だと、あとでトラブルになりやすいらしいよ」と公正証書遺言をすすめられました。試筆証書遺言の書き方ではどんな点に注意すればよいのでしょうか。

自筆証書遺言のトラブル例 質問 Q.遺言を作ろうと思い知人に相談したところ、「自筆証書だと、あとでトラブルになりやすいらしいよ」と公正証書遺言をすすめられました。 試筆証書遺言の書き方ではどんな点に注意すればよいのでしょうか。 ~自筆証書遺言のトラブル例 回答 A. ●自筆証書は作成方法が厳格 自筆証書の作成は、理屈の上では簡単ですが、実際にかいてみるといろいろと大変です。 表現
続きを読む >>

Q.遺言を作りたいと思うのですが、遺言の内容は誰にも知られないようにしたいのです。このような場合はどうすればよいのでしょうか?

内容を誰にも知られないで遺言をつくる方法(秘密証書遺言) 質問 Q.遺言を作りたいと思うのですが、遺言の内容は誰にも知られないようにしたいのです。このような場合はどうすればよいのでしょうか? ~内容を誰にも知られないで遺言をつくる方法(秘密証書遺言) 回答 ●遺言の方式と秘密 民法が認めている普通方式の遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言と秘密証書遺言の三種類があります。自筆証書遺言は
続きを読む >>

Q.遺言をするなら公正証書遺言が確実だと聞きましたが、公正証書遺言とうのはどのようなものなのですか。また、他の遺言と比べてどのようなメリットがあるのですか?

公正証書遺言の作成方法と長所 質問 Q.遺言をするなら公正証書遺言が確実だと聞きましたが、公正証書遺言とうのはどのようなものなのですか。また、他の遺言と比べてどのようなメリットがあるのですか? 回答 A. ●公正証書遺言の作成 公正証書遺言は通常、次のようにして作成されます。 ① 証人二人以上の立会いの下で作成されます。 ② まず、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授します。
続きを読む >>

Q.私は字が下手なので、ワープロで遺言書を作りました。ところが知人からワープロで作った遺言書は無効だと言われました。これは本当でしょうか。

自筆証書遺言はワープロやパソコンで作成しても良いのか 質問 Q.私は字が下手なので、ワープロで遺言書を作りました。 ところが知人からワープロで作った遺言書は無効だと言われました。 これは本当でしょうか。 ~自筆証書遺言はワープロやパソコンで作成しても良いのか 回答 A.自筆証書遺言を作成しようとする場合には、必ず遺言書の全文を手書きで書かなければなりません。 手書きをせずに、ワー
続きを読む >>

Q.私は自筆証書遺言を作成しましたが、私が死んだ時に必ずこの効力を発生させるにはどのように保管したらよいのでしょうか。

遺言書の保管にあたっての留意点 質問 Q.私は自筆証書遺言を作成しましたが、私が死んだ時に必ずこの効力を発生させるにはどのように保管したらよいのでしょうか。 回答 A. ●遺言書の保管で気をつけること 遺言書の効力は、遺言を書いた人(遺言者)が亡くなったときに発生します。 したがって、遺言書の保管にあたっては、生前は人目に触れないように保管する一方、死後は確実に、速やかに発見されるよ
続きを読む >>

Q.認知症の人が書いた遺言書には効力はあるのでしょうか?

質問 父と同居をしているのですが最近、父のもの忘れが多く病院にはまだ行ってないのですがもしかすると初期の認知症なのではないかと心配しております。将来のことを考え相続について話しをしているのですがもし、認知症と診断されたら遺言書の効力はどうなるのでしょうか? 解答 認知症と診断された場合とされなかった場合で遺言の効力は大きく変わってきます。 認知症と診断された場合は原則認められず、認知症と診
続きを読む >>

Q.不動産を相続した時の手続き関係を教えてください。

質問 相続放棄をすると遺族年金は受給できないのでしょうか? 回答 遺族年金をもらえる方が相続放棄をしても、遺族年金を受給できます。 また、遺族年金を受給していても相続放棄をすることはできます。 解説 被相続人(亡くなった方)の相続財産は積極財産(プラスの財産)と消極財産(マイナスの財産)の両方の財産を相続します。 この相続財産、消極財産(マイナスの財産)の割合が多かったり相続す
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 大人の終活TV