知らないと損する相続 贈与(第5回放送)

「知らないと損する相続と贈与」

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:よろしくお願いします。はい、今日も始まりましたけども。

廣木:はい。

島田:じゃあ早速、質問いってみましょうか。

廣木:はい。本日のご相談は、「相続人の母が認知症です。遺産分割協議に参加出来ないと言われたのが、どうしたらいいでしょうか?教えてください」とのことです。

島田:うわあ、出ました。

はい。辛いですよね。僕のおばあちゃんも認知症だったんですけど、

廣木:そうなんですね。

島田:今、80歳を超えると、約5人に一人という風に今、言われてます。認知症になると、何が問題かっていうと、不動産を売ったりとか、預貯金を下ろしたりとか、今回のように、ね。遺産分割協議をすることが難しくなるんですけど、何でですかね?涼先生。理由分かります?

廣木:不動産の売却とか、あと預金を下ろしたりする時は、自分の意思が必要なので。

島田:そうですね。自分の意思、結局、「下ろしたいです」とかですね、書けないですもんね。

廣木:そうですね、認知症だと。

島田:はい。じゃあ、そんな時に解決策としては、ズバリ二つかなと。ポイントは二つあります。

一つ目は、あんまり解決策ではないんですけど、法定相続で分けるっていうのはありますね。

廣木:なるほど、確かに。法定相続で分けるのでしたら、遺産分割協議は不必要なので、大丈夫ですね。

島田:そうですね。前回でしたっけ?多分、何回目かの時に、涼先生、この辺はお話しましたね。遺産分割いらないですよと。

廣木:はい。

島田:二つ目。ポイント二つ目です。二つ目は、成年後見制度を活用するっていうのは、二つ目のポイントですね。

廣木:そうですね。私達が担う役割の一つになりますね。

島田:おお。

廣木:(笑)

島田:やってるんですか?

廣木:やってないです(笑)

島田:(笑) 成年後見、司法書士さんがやるっていうケースって、やっぱり多いですよね。

廣木:そうですね。

島田:はい。実は、成年後見制度、簡単に説明をすると、平成12年から始まった制度です。ちょっとだけ、言葉が悪いかもしれないんですけど、私のおばあちゃんが、お母さんが、ちょっとぼけちゃいましたと。なので、「代わりにおうちとかお金を管理する人を選んでくれませんか?裁判所さん」っていう制度です。通常は、管理する人っていうと、我々司法書士とか、弁護士さんが選ばれるケースが多いんですね。

廣木:そうですね。

島田:はい。

廣木:成年後見人が、遺産分割協議に代わりに参加するっていうことですよね。

島田:そうですね。いわゆる、お母さんも参加出来ないので、代わりに成年後見人が参加をするんですけども、1個だけ弱点がありまして、何だと思います?分かります?

廣木:やっぱり、お母さんの損になることは出来ないのかな、と思います。

島田:おっ、いいですね。今のポイントですよ。

廣木:(笑)

島田:お母さんの損になるようなことは出来ないと。なので、成年後見人が遺産分割協議に参加してもいいんですけど、一つは、裁判所の許可がいります。

二つ目に、お母さんの代わりに参加する以上は、今、涼先生が言ってくれたように、損をするような遺産分割協議には、もちろんサインが出来ません。ということは、結局ですね、お母さんの法定相続分は、確保してくださいねっていうのが、今、現行の運用上でして。

対策として、認知症になったら、得な遺産分割協議出来ないので、お勧めは、生前に遺言とか贈与とかを活用出来たら、一番いいかもしれないですね。

廣木:そうですね。

島田:その辺はぜひ、またご相談ください。

はい。ということで、今日は遺産分割協議書に、お母さんが認知症なので参加出来ないということで、お話させていただきました。

では、また次回、お会いしましょう。

みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ