不動産相続 名義変更しないとどうなる?(第3回放送)

「名義変更しないとどうなる?」

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。

島田:はい。

廣木:よろしくお願いいたします。

島田:始まりました、よろしくお願いします。

廣木:はい。さて、本日のお客様のご相談は、こちらです。

「不動産の名義変更は、した方がいいですか?教えてください」ってことなんですけども、島田さん。

島田:きましたね。

廣木:はい。

島田:これ、もう涼先生の専門分野ですから。

廣木:いやいや(笑)、島田先生も専門分野ですよね?

島田:立場上ね、僕等、司法書士としては、「早目に名義変更してください」ってなりますよね。

廣木:そうですね。早目にしないと、デメリットとかは、何かありますでしょうか?

島田:どうなんですかね?これね。法律的に考えると、二つかなとは思いますけど。

一つ目は、不動産の名義変更をしないと、売却出来ません。なので、売りたいなと思っても売れないなっていうのはありますよね。

もう一つは、いわゆる話し合いですよね。誰がこの財産、引き継ぐのかという遺産分割協議がまとまらない可能性が高くなるっていうところかな、とは思いますけど、どうですか?涼先生、あります?

廣木:そうですね。死者名義では売却は出来ないですよね。

島田:そうですね。確かに売れないですもんね。

廣木:はい。

島田:ちなみに名義変更って、いわゆるこれ、登記って呼ばれてるんですけど、遺産分割協議書って、やっぱり必要になるんですか?

廣木:そうですね。法定相続分で登記する場合は、遺産分割は必要ないと思うんですけども、それ以外ですね、で遺産分割する時は、協議書が必要になるので。

島田:例えば?お父さんに全部移したいとか?

廣木:そうですね。

島田:一人にあげたいとか。

廣木:一人にあげたい時は、遺産分割協議書が必要になりますね。その場合は、相続人全員の実印と、あと印鑑証明書も必要になるので、中々、全員集まるのが難しい場合もあるかもしれないですね。

島田:これ、ちなみに放っておいたら、違う人、つまり名義変更する前に、相続する人がもし亡くなっちゃったら、また違う相続人が出てきますよね?

廣木:出てきますね。

島田:そうなると、もちろんその人も、また遺産分割の当事者になるんですか?

廣木:なりますね。

島田:そうですよね。

廣木:はい。

島田:だから、放っておくと、次から次に相続する人が増えてくるということで、だからこそ早目にしておいた方がいいなというようなことで、名義変更は早目をお勧めをしてます。

廣木:税金的には、何かあるんでしょうか?

島田:税金的に。

廣木:はい。

島田:税理士じゃないんですけどね。

廣木:そうですね(笑)

島田:ないんですけど、固定資産税に影響を与える可能性は、やっぱありますよね。

全然、話違うんですけど、今、全国的に、いわゆる「空き家問題」とかが注目を浴びてるのは知ってます?

廣木:はい、知っております。

島田:はい。いわゆる、今820万戸、空き家があるという風に言われてて。僕の考えなんですけど、相続登記って、実は期限ないんですよ。

廣木:そうですね。

島田:はい。10か月以内とか、3か月以内、全然期限がないので、いわゆる放置しやすいんですけど、この相続登記、いわゆる不動産の名義変更が義務化されると、空き家問題の解消の一歩かなとは思ってます、個人的には。

廣木:そうですね。

島田:はい。

廣木:ということで、

島田:はい。

廣木:不動産の名義変更は、私達、司法書士までご相談ください(笑)

島田:押しますねえ。はい。

廣木:お待ちしております。

島田:はい。

廣木:はい。では、また次回、

島田:お会いしましょう。

廣木:はい、お会いしましょう。

島田:みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ