遺言書7種類!?おすすめ遺言書作成方法!!(第4回放送)

「おすすめ遺言書作成方法!!」

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。

島田:はい。

廣木:よろしくお願いいたします。

島田:よろしくお願いします。

廣木:はい。さて、本日のお客様のご相談は、こちらになります。

島田:何でしょう?

廣木:「遺言を書こうと思っています。自筆証書遺言と公正証書遺言、どちらがいいでしょうか?教えてください」とのことです。

島田:いいですね。

廣木:(笑)

島田:遺言を書く方、今、増えてますからね。

廣木:そうなんですね。

島田:結構、相談多いですか?今。

廣木:うーん、そうですね。最近でも、2件ぐらいありました。

島田:おっ、いいじゃないですか。

廣木:はい。

島田:でも、法改正で自筆証書遺言って話題ですけど、内容知ってます?法改正の。

廣木:法改正の内容ですか?(笑)

島田:はい。

廣木:教えていただけますでしょうか?(笑)

島田:(笑) 逃げましたね(笑)

廣木:(笑)

島田:あとで、ちょっとお話するとして。個人的には、今日の本題なんですけど、公正証書の方をお勧めをしております。

ちなみに遺言って、何種類あるか覚えてます?受験知識ですけど。

廣木:えーっとですね、自筆証書遺言と、秘密証書遺言と、公正証書と、あと危急時?緊急の何かが。

島田:はい、ありましたね。

廣木:はい。あった気がします(笑)

島田:あんまり使わないですよね。

廣木:そうですね。

島田:合計でいくつあるんですか?

廣木:合計で・・・、いくつでしたっけ。7種類ぐらいでしたかね?

島田:一応、数は合ってるね。

廣木:良かったです(笑)

島田:7種類なんですけど、使わないんですよね?ほとんどね。

廣木:そうですね。

島田:大体、最初に涼先生が言ってくれた三つがほとんどなんですけど、一応、マニアックな話をすると、伝染病にかかってる人の遺言とか、遭難船で書く時の遺言とか、聞き取ってる方も別にもう、それどころじゃないし、

廣木:そうですね(笑)

島田:遭難してたら、自分も帰ってこれないんじゃないかなって思うんですけど。

廣木:思いますね。

島田:普通は、その三つですよね。

廣木:はい。

島田:自筆証書と公正証書ですけど、僕は公正証書をお勧めしてます。

廣木:自筆証書だと、何がまずいことがあるんですかね?

島田:いいんですけどね。手軽に書けるというのが、一番のメリットです。自筆証書で言うと。

廣木:そうですね。

島田:ただ、やっぱり、どうしても偽造されやすいとか、家庭裁判所に持っていかないといけないんですよ。いわゆる検認っていうのがあって。その辺がデメリットかなという風には思いますね。後は、費用がかからないというのが、一番のメリットではあります。

廣木:そうですよね。公正証書は確かに、偽造とかないですけど、ちょっとお金がかかるっていう面がありますね(笑)

島田:(笑) そうですね。信用とか保証をお金で買うっていう感じだと思うんですけど、公正証書はやっぱり、僕等も証人として立ち会うというのもありますし、法務局から選ばれた公証人さんが立ち合いますので、総合的に考えるとやっぱり、そういう偽造とかもないですし、内容もしっかりしてるので、公正証書がいいかなという風には思いますね。

廣木:そうですね。公正証書だとやっぱり、安心が出来るっていうのがメリットですね。

島田:はい。

廣木:はい。

島田:遺言を書く時はぜひ、お近くの司法書士、我々か公証役場にご相談の方、よろしくお願いします。

廣木:お願いします。

島田:では、また会いましょう。

廣木:はい。

島田:みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ