遺留分って何!?●●な人は遺言を書くべき??(第8回放送)

「●●な人は遺書を書くべき?」

Youtube登録お願いします!

※ご登録は、こちら←「みつ葉チャンネル」画面上方の赤色の【チャンネル登録】をクリックです!

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:よろしくお願いします。

廣木:はい。本日のご相談は、「銀行に勤めています。お客様から、遺言を書いた方がいいか、ご相談を受けました。どういう方が書いた方がいいでしょうか?教えてください」とのことです。これはどうでしょうか?

島田:銀行員からですよ、ついに。

廣木:(笑)

島田:やっぱり、銀行も今、遺言の相談って受けるケース、増えてますよね?涼先生、どうですか?涼先生、経験上どんな人が書いた方がいいと思います?

廣木:そうですね・・・。例えば、子供が障害を持っている方とかが、多いですかね?

島田:ありますね。自分が亡くなった後に、障害を抱えている子供のために、遺言を書いておきたいと。介護施設の方とか、ケアマネさんからの相談は多いですよね。

あと、他には、弊社のデータなんですけど、大体、分析すると、20個ぐらいあるんですよ、属性でいうと。時間もないので、時間の関係上三つほど、ちょっとご紹介したいんですけど、まずは、65歳以上の方とか。何ですかね、65歳って、何か一つあるんですかね?

廣木:そうですね。仕事を辞めて、今後を考えるとかですかね?

島田:そっか。いわゆる高齢者の仲間入りですからね。65になると、大人の終活っていうのが、一つのスタートなのかもしれないですね。

二つ目に、ご夫婦で子供がいない方。これ、もしかして涼先生もそうじゃないですか?

廣木:今はそうですね(笑)

島田:今から遺言書くっていうのも、ありかもしれないですね?

廣木:そうですね。子供がいない夫婦だと、配偶者と、あとご兄弟が相続人になってしまうんで。

島田:そうですね。だから、仮に涼先生が亡くなると、涼先生のご主人と、ご兄弟います?

廣木:いないです。でも、まだ両親生存してるので、両親にいきます(笑)

島田:ああ、そっかそっか。じゃあ、ご主人と、お父さんお母さんですね。

廣木:はい。

島田:そうですね、そっちにいっちゃいますね。

廣木:はい。

島田:だから、怖いですよね。そうなると、ご主人と、お父さんお母さんで話し合いしないといけないって、ちょっと可哀想ですよね。

廣木:そうですね。

島田:あとは、再婚してる方とかいますよね。だから、大体その三つかなと思いますけど、後一つ、遺言書く際に、必ず気を付けないといけないポイントが、一つだけあります。それは、遺留分ってやつですね。

廣木:そうですね。

島田:はい。この遺留分、じゃあ先生、一言で言うと?

廣木:(笑)

島田:ズバリ一言で、どうぞ。

廣木:遺留分は、1円ももらえない相続人がいたら、「僕も相続人なんだから、財産を少しはくれよ」と言える権利ですかね?

島田:確かに、分かりやすいですよね。必ずしも1円ではないんですけど、「僕も相続人だから、少しくれよ」と、「何で全部そっちに行くんだ」とか、「もっと欲しい」みたいな話なんですけど。

例えばですね、実はこの遺留分って、兄弟・姉妹は権利がないんですよ。なので、例えば子供がいない夫婦で、もうご両親もいないと。自分の配偶者と、自分の兄弟が相続人ですっていう時は、配偶者に全財産あげるっていう内容を書いたとしても、遺留分は発生しないですよね。

廣木:そうですね。

島田:ただ、もしさっきの涼先生のケースでいくと、ちょっとご両親の遺留分とか、考えないといけないですよね?

廣木:そうですね。

島田:はい。

廣木:(笑)

島田:どうなんですかね?お父さんお母さんがね、訴えそうですか?(笑)

廣木:いやいやいや。そんなことないと思います。

島田:ですね。

廣木:はい。

島田:はい。

廣木:これから、遺言書を書く人も増えそうですかね?

島田:そうですね。今はね、すごい増えてますからね。

廣木:遺言は、最寄りの公証役場か、私達、司法書士までご相談ください。

島田:はい。

廣木:よろしくお願いします。では、また次回、お会いしましょう。ありがとうございました。

島田:ありがとうございました。

みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ