保険会社も知っている!?保険相続術!!(第17回放送)

「保険相続術!!」

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:よろしくお願いします。さあ、今日もお客様からの相談、いってみましょう。

廣木:はい。

島田:はい。

廣木:本日のお客様のご相談は、こちらです。「相続対策は、保険がいいって教わりました。何でですか?」とのことです。保険と相続は、相性がいいですよね?

島田:涼先生のお母さんも保険屋さんですもんね?

廣木:そうですね。

島田:FPかな?

廣木:そうですね。

島田:ファイナンシャルプランナー?

廣木:ファイナンシャルプランナー。

島田:はい。

廣木:終活に力入れてるので、相続の話は詳しいですね。

島田:じゃあ、めっちゃ詳しいですよね?

廣木:そうですね。

島田:じゃあ、今回、「保険がいいっていうのは、何でかな?」っていうのをお話したいんですけど、ズバリ、ポイントでいくと、現金で持ってるよりも、保険で持ってた方が、相続性が安くなるからです。

廣木:どういう意味ですか?

島田:はい。

廣木:(笑)

島田:これ、相続税の計算をする上で、前の回でもやりましたけど、現金って、いわゆるプラス財産ですよね?

廣木:はい。

島田:はい。じゃ、保険は?

廣木:保険もプラス財産ですね。

島田:ですね。

廣木:はい。

島田:保険も相続財産になるんですけど、今回、例えば、これポイントなんですけど、500万円分、かける法定相続人分は、非課税になります。これがすごいところで、例えば、今回、想定でいくと、8800万円ぐらい、財産持ってるとしましょう。家族構成は、ご主人と、奥さんと子供3人家族、子供が3人、ごめんなさい。子供3人で、長女・次女・三女にしましょうかね、じゃ。この時、ご主人が亡くなると、法定相続人である奥さんと、お子さん3人が相続をすることになります。

基礎控除、覚えてます?(笑)

廣木:基礎控除は(笑)、3000万円、足す600万、かける相続人。なんで、4人なので、5400万円ですかね?

島田:そうだね。

廣木:はい。

島田:ってことは、8800万円から、5400万円引くと、はみ出してる金額は?

廣木:8800万引く、5400万で、3400万がはみ出してる金額ですね。

島田:じゃあ、相続税はいくらになりますか?

廣木:相続税の20%をかけて、3400万、かける20%で680万が相続税額になります。

島田:そうですね。

廣木:これが、保険に入っていたらどう変わりますか?

島田:そうですね。これ、保険に入ってると、500万円、かける4人分。今回で言うと、奥さん、で子供3人が、4人が相続人なので、500万かける4人で2000万円、この2000万円は生命保険から非課税分になりますので、計算を言うと、8800万円から基礎控除分の5400万円を引きます。何と、さらにそこから2000万円引きまして、はみ出してる分は、1400万円。この1400万円に相続税をかけるんですけど、これ、国税局見ていただいて、相続税率は15%です。つまり、1400万円の15%かけると、ざっくり210万円ぐらいと。そっから本当は、こっから控除が入るんですけど、それはもう無視をして、何と、その差額は?すごいですよね、470万円。これで、節税対策として、保険の有効性っていうのが、ここに、やっぱり効果があるんですよね。だから、保険屋さんは、「相続税対策のために生命保険をお勧めした方がいいですよ」っていうのを伝えてます。

廣木:なるほど。保険はこういうところでも活躍しますね。保険の事も、ぜひご相談ください。

島田:そうだよね。生命保険は、相続税を支払うための準備にもなりますので、ぜひご活用ください。

廣木:はい。

島田:はい。

廣木:では、またお会いしましょう。ありがとうございました。

島田:みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ