養子縁組のメリット・デメリット第19回放送

「養子縁組のメリット・デメリット」

Youtube登録お願いします!

※ご登録は、こちら←「みつ葉チャンネル」画面上方の赤色の【チャンネル登録】をクリックです!

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:よろしくお願いします。さあ、今日もお客さんの相談、いってみましょうかね。

廣木:はい。

島田:はい。

廣木:本日のお客様のご相談は、こちらです。

島田:何でしょう?はい。

廣木:「税理士さんに、税金対策で養子縁組を勧められています。した方がいいでしょうか?教えてください」

島田:なるほど。

廣木:養子縁組の問題ですね。

島田:ありますね。

廣木:はい。

島田:時々ありますよね、お客さんに。「やっぱり、養子縁組した方がいいですか?」っていうので。

廣木:はい。

島田:メリットとデメリット、やっぱり両方あります。

廣木:はい。では、メリットから。

島田:それぞれね、見ていこうかな。はい。じゃあ、メリットからいきましょうかね?

廣木:はい。お願いします。

島田:はい。養子縁組をすると、養子縁組した方は相続人になります。つまり、基礎控除の枠が増えるんですよね。これが一つ目のメリットです。だから、600万円分枠が増えると。ただし、実子がいる場合、つまり自分の本当の子供がいる場合は、相続税補助の法定相続人、参入、加入。難しく言いましたけど、要は、基礎控除の枠としてカウントしていいのは、一人までですよと。子供が本当にいないんだったら、二人までは養子に取ってもいいですと。

廣木:なるほど。

島田:これ、ちょっと難しいのが、養子に取るのは、別に何人でもいいんです。もう10人取ろうが、20人取ろうが、取れるかどうかは別としてね。

廣木:そうですね(笑)

島田:なんですけど(笑)、あくまでその税金上、計算していいのは一人か二人までという風になってますので、ご注意ください。

廣木:なるほど。

島田:はい。

廣木:では、デメリットはありますでしょうか?

島田:デメリットね、何かあると思います?

廣木:そうですね・・・。他に実子がいらっしゃる場合に、気持ち的な問題が。

島田:どうですか?

廣木:(笑)

島田:自分が相続人側で、子供、相続人増えたら、嫌ですか?やっぱり。

廣木:そうですね。ちょっと思うところはあるんじゃないですかね?(笑)

島田:(笑) 多分、それが心情なんでしょうね。やっぱり、そこですよ。相続人が増えることで、争いにつながる部分もありますし、やっぱり、「遺産分割協議が難航した」とかね、「遺留分の主張された」とか、それもあるし、心情的な部分が大きいかなと思いますね。

廣木:そうですね。そうなるとちょっと、かえって逆効果になりますよね。

島田:そうなんだよね。だから、やっぱり相続においては、税金対策だけではなくて、どういう風に引き継ぐかっていう、両方の視点で考えていかないと、必ず、やっぱり痛い目に遭う方が多いので、節税だけのために養子縁組するのは、僕はお勧めをしてませんので、ご注意ください。もし養子縁組するなら、遺言とセットをお勧めしておりますので。

廣木:そうですね。

島田:はい、ぜひ活用してください。

廣木:はい。本日は、養子縁組がテーマでした。

島田:はい。

廣木:また次回、お会いしましょう。ありがとうございました。

島田:みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ