知っておくべき離婚後の相続!!(第27回放送)

「離婚したら貰えない!?」

二人:おとなの終活TV。

島田:皆さん、こんにちは。司法書士法人みつ葉グループの、島田雄左です。

廣木:こんにちは。同じく、みつ葉グループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:はい、よろしくお願いします。

廣木:はい。

島田:今日も、早速やってみましょうかね?

廣木:はい。本日のお客様の相談は、こちらです。

島田:何でしょう?

廣木:「妻と離婚しました。相続に何か影響はありますか?教えてください」

いかがでしょうか?

島田:(笑) 離婚ね。笑っちゃいけないけどね。

廣木:そうですね。

島田:離婚って、最近さ、離婚する人多いんですけど、僕の友達もよく離婚してるんですけど、年齢的に。

廣木:(笑)

島田:離婚する人の割合、知ってます?

廣木:そうですね。3組に1組は離婚しているっていう話は、聞いたことはありますね。

島田:すごくない?3組に1組ですよ。

廣木:多いですね。

島田:結婚する時は簡単なんですけどね。でも、離婚する時の方がやっぱり、終わる時が大変ですよね。会社終わる時も大変だし、離婚する時も大変なんで、やっぱりエネルギー使うんでしょうね。

廣木:そうですね。

島田:じゃあ、離婚の時の影響として、今回、相続なんですけど、何か影響あります?相続に。

廣木:相続する人は変わりますかね?離婚すると。

島田:例えば?

廣木:例えば?離婚すると、配偶者じゃなくなるので、

島田:そうですよね。

廣木:相続人ではなくなりますね。

島田:じゃあ、元妻とか、元旦那は、ご主人は、もらえないですよね?

廣木:もらえないですね。

島田:じゃあ、子供は?

廣木:子供は、親子関係が切れることはないので、子供はどっちの親にとっても、相続人ですかね?

島田:確かに。

廣木:はい。

島田:はい。これも民法の規定で決まってますけど。

廣木:はい。

島田:じゃあ、例えば、再婚した場合、どうなります?子供とかって。影響ありますか?

廣木:再婚していても、再婚してなくても、どちらでも、お子様は相続人になります。

島田:はい、そうだね。

廣木:はい。

島田:むしろ、再婚すると影響受けるのは、後妻の方とか、後から結婚した人が相続人になるので、結構その辺が揉めたりしますよね、後妻業とか。

廣木:そうですね(笑) 本当に、あるんですかね?

島田:だって、映画になるぐらいですよ。見たことある?

廣木:見たことないです(笑)

島田:『後妻業(の女)』って映画、ありますからね。いや、本当にあるか分かんないですけど。

実務上も、離婚前に子供がいた場合とかは、やっぱり揉めるケースが多いですね。

廣木:そうですよね。

島田:特に、さっき言った、やっぱり3組に1組は離婚してるわけじゃないですか。逆に再婚も多いんですよ。やっぱ60になってからとか、65過ぎてからの再婚っていうのが増えてて、お子さん達からすると、「えっ?俺、相続人になる予定だったのに、新しい人が財産もらう権利出てきた」みたいな、「どうしよう」っていう、やっぱり子供達からの相談受けるケースも増えてますね。

廣木:そうですね、はい。

島田:だから、どうですかね。対策として、何かあります?

廣木:「揉めそうな場合は、事前に遺言とか作っといた方がいいんじゃないかな?」とは思いますね。

島田:そうですね。

廣木:はい。

島田:遺言を書く方として、やっぱり再婚する方とか、こういうのもありかなと思いますね。

廣木:はい。

島田:はい。

廣木:はい。今回は、「離婚と相続」についてでした。

また次回、お会いしましょう。ありがとうございました。

島田:みつ葉グループでは、相続・信託に関する初回無料相談を実地中です。お気軽にご相談ください。また、みつ葉チャンネル、登録お待ちしております。

廣木:お待ちしております。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ