相続手続きに必須!?(第39回放送)

「相続手続きに必須!?」

Youtube登録お願いします!

※ご登録は、こちら←「みつ葉チャンネル」画面上方の赤色の【チャンネル登録】をクリックです!

島田:皆さんこんにちは、司法書士法人みつばグループの島田 雄左です。

廣木:こんにちは、同じくみつばグループの廣木涼です。よろしくお願いいたします。

島田:今日も、ご相談いってみましょう。

廣木:はい、今日のお客様のご相談はこちらです。

出生から死亡までの戸籍が必要と言われました。教えてくださいとのことです。

島田:そうですかね

廣木:戸籍収集は大変ですね。

島田:結構よく誤解を招く一つですよね。戸籍収集ってのはね。「今の戸籍だけ取ってきましたー」という方とかね。戸籍収集って、実は一番大変ですよね。

廣木:そうですよね。相続人全員の戸籍は本籍地で取得はできますよね。

島田:出生から死亡まで、なんでいるかっていうと、例えば、結婚した、とか転籍した、とか、あとは法改正があったりするんですけど、そのときに戸籍って作り変えられるんですよね。涼先生、結婚してますよね?

廣木:結婚してます。

島田:結婚したときは、戸籍変わりました?

廣木:戸籍変わりましたね。

島田:結婚すると戸籍は新しくなります。そうすると、前の兄弟の情報とか昔の戸籍の情報とかはそのまま引き継がれないようになっています。今の戸籍の制度によると。ということは、もしかしたらこの人は、亡くなった人は兄弟や、実は子供がいるのか、ということは残念ながら今の戸籍取っただけでは分からないというのが実情になっております。戸籍制度によると。なので、出生から死亡までさかのぼっていって、その戸籍が変わった時点をずーっと追っていくというのが必要になる。それで、「ホントに子供はいないんだな」とか、「あ、いまのこの人だけ(兄弟がいないの)でよかったんだな」っていうのを確認していく意味で出生から死亡までが必要になります。

廣木:はい、そうすると、結婚してなくても、法改正があったから、何回か戸籍は取らないとだめってことですよね?

島田:そうですよね、法改正は少なくとも2回あってます。戸籍法で言うと。話変わりますけど、バツイチのゆえんは知っていますか?

廣木:知ってます!

島田:おお、知っているんだ。どうぞどうぞ。

廣木:戸籍に×(バツ)がつくからですね。

島田:いまは入んないんですけど、昔は戸籍で離婚すると籍が抜けてたんで、バッテンみたいなのが入っていたんですよね。正確に言うと斜線なんですけど。それがバツって言われていたっていうことで、結婚する前に、バツイチかどうかなんて、言われなきゃわかんないですよね。転籍してたら新しい戸籍できるので、結構きれいなものが出てきたりするので、結構いわれなきゃわかんなかったりするんですよね。

廣木:そうやって、ほかの相続人がいないかどうかを調査していく、という感じですかね。はい、今回は戸籍収集についてでした。(戸籍収集が)たいへんな方々は私たちが代わりに取得することも可能なので、お申し付けください。また次回お会いしましょう。ありがとうございました。

おとなの終活TVの最新記事

相続・遺言 無料相談 受付中! 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約) 無料相談の詳細はこちら
PAGE TOP
  • 初回無料相談受付中 0120-48-1120 受付時間 9:00〜20:00(土日祝日の相談は要予約)
  • 事務所案内
  • 料金表
  • ご相談の流れ