Q.遺贈と相続はどう違うのですか?

 

質問

現在、財産分与について検討をおこなっているのですが、

「相続」と「遺贈」とは、どのような違いがあるのでしょうか?

回答

A.●一般的に、推定相続人にあたる被相続人の配偶者、子供及び兄弟に対して用いる言葉が「相続」。

推定相続人以外の人や施設に分け合うまたは寄付を行う場合に用いる言葉が「遺贈」です。

よくあるご相談・ご質問の最新記事

LINE@友達追加でお役立ち情報配信!スマホの方はこちらをクリック

PAGE TOP